目の下のクマの種類に合わせたケアをしよう

kumak

ニキビやシミなど気になる肌の症状はたくさんありますが、その中でも多くの人が気になるのが目の下のクマ。顔が疲れて見えるから何とかしたいという人は多いと思います。目の下のクマには大きく3つの種類があって、その状態によって解決策が変わってきます。

まず、若い人でクマができているという人に多いのが、色素沈着によるクマです。茶色のクマがこれにあたりますが、花粉症などで目がかゆくてこすってしまうというような人は要注意です。こすって刺激を与えた部分が黒くなってしまい色素沈着を起こします。目の周辺の皮膚は非常に薄いので刺激に敏感です。こすったりしないようにすることが一番の予防策です。

目の疲れが原因でできてしまうクマは青クマと呼ばれています。青クマは長い時間パソコンで作業をするという人や、スマホやテレビなど画面を長い時間見る人、寝不足の人などに多いです。これを解消したければ、目の疲れをとる必要があります。アイマスクやPCメガネの活用なども有効です。睡眠時間もしっかりとりましょう。

皮膚の薄い人はクマが目立ちやすいと言われています。特に青クマは皮膚が薄い人は黒っぽくも茶色っぽくも見えるみたいなので、ケアをしっかりとしてあげましょう。

最後が老化、加齢にも関係しているクマで、痩せている人は特に目立ちます。目がくぼむことで影ができてそこが黒くなって見えるのです。このようなものを治すには美容外科の施術が効果的とされています。あとは痩せすぎないことです。痩せすぎるとどうしても目がくぼんできますので気を付けてください。3つのクマ、自分のタイプをしっかり見極めてケアしてあげましょう。