ストレスと肌荒れの関係とその対処法について

st601

日々感じる様々なストレスは肌荒れの原因の一つになると言われています。色々なストレスがあります肌荒れにつながる最も大きな原因は、社会的な原因です。学校や職場、そして家庭などの人間関係などによって生じるストレスでそのストレスが短期間であればそれほど影響を受けないのですが、長期にわたって強い精神的なストレスなどが発生すると肌荒れが生じてしまう場合があるのです。

実は、肌荒れというものは外部刺激によるものだけでなく体の内側から神経やホルモンの影響をも受けやすくなるのです。人間の脳から出るストレスホルモンが肌の免疫力を低下させてしまう事があり肌のターンオーバーという肌を活性化させるのに大切な働きが正常に行われなくなるのです。うまく肌が生まれ変わらなくなり角質が厚くなった結果毛穴が詰まりやすくなり、余分な皮脂が毛穴に溜まってしまい菌が繁殖したりニキビを作ってしまうのです。

まず、肌荒れを起こすストレスを改善する事が一番の対策になりますが自律神経を整える事がそのカギになります。そのため、質の良い睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動、そして思いっきり楽しんで遊んでみる、嫌な事があったら沢山泣いてみる、など自分に優しくすることが改善するポイントになります。それにより自律神経が整いストレスに対処しやすくなります。その結果、肌荒れを改善する事につながるのです。

aoi参考ページ:ストレスと肌荒れとの関係とは
ストレスを感じたとき体内でどんなことが起きているのか、何故肌荒れを起こしてしまうのかを解説。

{ Comments are closed! }